自動操舵パッケージ

手を離し、未来を掴む。

あなたの代わりに、誤差なく真っ直ぐ。

お手持ちのトラクターに後付けするだけ。
高度なGNSS技術を使った自動操舵パッケージが、
あなたの代わりに、誤差なく真っ直ぐ作業してくれます。
簡単操作で、誰でも作業でき、疲労も軽減。
農業の未来が変わります。

作業にゆとりが
生まれる

トラクターの後ろも確認しながら、誤差なく直進させる運転は非常に集中力を使うもの。農作業とは本来、トラクターではなく作業機が良い仕事をするべきもの。「まっすぐ走る」ことから「作業機の操作」に集中力を使いましょう。

運転に不慣れな方を
サポート

高度な技術が必要なトラクターの運転は、できる人が限られがち。広大な土地を一人でやり続けるのは大変です。不慣れな方への運転をサポートすることで、新たなオペレータを増やす環境を提供できます。

経済的に
自動操舵を実現

お手持ちのトラクターに設置することができるので、経済的。加えて、AgriBusシリーズのAgriBus-GMiniRを基地局として利用することで、精度高く、かつ低コストで自動操舵を実現できます。一括して使うからこそ、サポートも安心。

アプリを組み合わせた汎用的な構成と

効率的な開発で価格破壊を実現。

AgriBus-AutoSteer + AgriBus-G2 + 取付金具

AgriBus-AutoSteerは、お手持ちのトラクターに外付けで自動操舵機能を付加できるオートステアリングです。スマートGNSS/GPSデバイスであるAgriBus-G2と組み合わせることで、超高精度の自動操舵を実現します。

【セット価格】

1,036,000 (税込)

※【セット内容】AgriBus-G2、AgriBus-AutoSteer、取り付け金具
※AgriBus-AutoSteer単品での販売はしておりません

他社製品と同等の測位精度で

1/3の価格に

専用デバイスで構成された他社製品は一式 300 万円ほど

すべては「より良い農業への
チャレンジを支える」ために。

これまでの自動操舵パッケージは非常に高額であることが課題でした。

わたしたちは、ガイダンスシステムアプリである「AgriBus-NAVI」から一貫してどなたでも導入できる利便性と価格を追求したプロダクトをつくり続けています。

これは、農業規模にかかわらず、誰もが最新のテクノロジーを導入することで、新たなチャンスを生みだし、より良い農業への未来に繋がると信じているからです。

この信念のもと、「AgriBus-NAVI」を組み合わせた汎用的な構成と効率的な開発により「AgriBus-AutoSteer」も大幅な低価格化を実現させ、皆さまのもとに送り出すことができました。

「AgriBus-AutoSteer」が、農業の新たなチャレンジのための強力なツールとなり農業者皆さまのお役に立つことが、わたしたちの願いです。

濱田 安之
(株)農業情報設計社
代表取締役 CEO, ファウンダー

お客様の声

購入した決め手は価格。

北海道芽室町 Nさま

作物:麦、長芋、かぼちゃ、豆

購入した決め手は、やはり価格です。元々使っていた他社製品よりも、当時で1/3の価格だったんです。

実際に自動操舵パッケージを使ってみると、疲れ具合が全然違います。人間がトラクターを運転するより精度が高く、どれだけ運転が上手な人でも敵わないというのは、畑を見たらひと目で分かると思います。資材の無駄もなくなりました。作業時間が短縮できた分、子どもと過ごせるようになったのが嬉しいですね。

4台買って全部のトラクターに取り付けています。

岡山県岡山市 Oさま

作物:水稲(約50ha)

様々な先進的技術を活用した農業に取り組んでおり、2017年よりAgriBusシリーズを利用しています。

自動操舵も興味があり他社製品も含め検討しましたが、他社製品を1台買ってトラクター1台にしか取り付けられないより、4台買って全部のトラクターに取り付けたほうが良い!と思って、4台まとめて購入しました。他社と比べて拡張性もありますし、作業の疲れが全く違うので、購入して良かったです。

自動操舵で農業を効率化。

未熟練者でもかけ合わせのずれを小さく。

自動操舵システムを利用すると隣接条間(かけ合わせ)のずれが小さくなります。

播種作業で調査したデータでは、自動操舵を使った場合のずれの平均値は、1.7cmで5cm以内のずれ発生割合は89%、熟練者が手動で運転した場合が2.0cm、および94%となり、かけ合わせのずれは同程度になります。

また未熟練者が手動で運転した場合にはずれは3.6cm、5cm以内のずれ発生割合は71%ですが、自動操舵システムを利用することで熟練者と同程度のずれで作業を行うことができます。

1行程飛ばし作業が可能に。

自動操舵システムはガイダンスシステムで設計された走行経路に沿って走行するシステムです。ガイダンスシステムによって、前進後退を繰り返して次の行程に入る往復作業以外に、前進しながら次の行程に入る1行程飛ばし作業が可能となります。

1行程飛ばし作業が可能となることで作業時間が短縮され、ガイダンスシステムおよび自動操舵システムの大きなメリットになります。

商品スペック

AgriBus-AutoSteer/H

・ブラシレスDCモータ(プラネタリーギア内蔵)

・保管温度:-40〜85℃

・動作温度:-20〜60℃

・防塵防水:IP65

・最大回転数:290rpm

・定格トルク:3.83Nm@160rpm

・ストールトルク:5.47Nm

・電源:定格12/2A(電圧範囲12〜35V、最大電流15A)

・モータ重量:3.5kg

AgriBus-G2

GPS/GNSS

u-blox社製2周波モジュールZED-F9P × 2

RTK測位精度:0.01m(※)

単独測位精度:サブメーター級

※大気条件、ベースラインの長さ、GNSSアンテナ、マルチパス条件、衛星の視認性、およびジオメトリに依存します。

I/F

無線:Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth v4.2 BR/EDR and BLE、3G、LoRA

有線:CAN×2、RS232/UART×1

車速パルス出力

国産トラクター方式(オープンコレクタ出力)

海外トラクター方式(電圧出力、ISO11786仕様)

ISOBUS/AG-PORT(開発中)

車速、エンジン・PTO回転数等のTECU出力

NMEA2000方式によるGNSS情報出力

I/O

デジタル入出力(各2ポート)

アナログ入出力(各2ポート)

方位姿勢検出

9軸IMU(ジャイロセンサ、加速度センサ、電子コンパス)

電源

DC12~24[V]

よくあるご質問

AgriBus-NAVIだけの利用と比べて、どれくらいゆとりが生まれるのでしょうか?

超高性能のGNSS/GPSレシーバーを利用するので、誤差が非常に小さくなります。また、操舵が自動になるので、それまで運転に注いでいた集中力が最小限に抑えられます。トラクターに乗っている間は、作物の様子をよく見たり、後ろに載せている種等の様子を確認するだけになります。

他社と比べて、自動操舵パッケージのメリットはどこにありますか?

①100万ダウンロードを超えるトラクターガイダンスアプリ『AgriBus-NAVI』との連携が簡単です。
②自分のトラクターに後付けで付け替えることができるので、無駄なコストがかかりません。
③取付け、チューニングなど、すべてご自身で行っていただくことで、価格を大幅に削減しています。
※2020年10月現在