AgriBus-GMiniをRTK基準局(Base)として使う

RTK(Base)

AgriBus-GMini(以下、GMini)を使ってRTK測位する手順の第一弾、まずは基準局(Base)として設定する方法を説明します。

インターネットに基準局(Base)の情報を配信するため、PCはインターネットに常時接続しておく必要があります。 

事前準備 – (A)
GMiniに搭載されているu-blox社製GNSSモジュールの設定を基​準局向け​に変更します。
( Windows ​PCにu-centerをインストールして、GMiniに​基準局向け​の設定ファイルを書き込みます。​ )
u-centerのインストールや接続手順の詳細については下記のサイトを参考にして下さい。

(A) – 1. GMiniとWindows PCをUSBケーブルで接続してGMiniを起動します。
(A) – 2. Windows PCでu-centerを起動した後、[Receiver] – [Port] でGMiniが接続されているCOMポートを選択します。

※​ COMポートは環境によって違うので、注意してください。

(A) – 3. [Tools] – [GNSS Configuration…] で​ gmini-ublox-cfg-m8t-rtk-base.txt を書き込みます。

※ [Store configuration into BBR/Flash(non-volatile memory)]​をチェックしてから [File > GNSS] を選択してください。

接続方法

  1. GMiniにGNSSアンテナを接続します。

  2. GMiniとWindows PCをUSBケーブルで接続してGMiniを起動します。

  3. Windows PCを起動した後、インターネットに接続しておきます。

  4. Windows PCにRTKLIBをインストールします。

    [Download ZIP] からZipファイルをダウンロードして適当なところへ展開します。

    ・Open Repository in GitHub (binary programs for Windows).

    ​ https://github.com/tomojitakasu/RTKLIB_bin

  1. 3. で展開したフォルダにある​strsvr.exe​を実行します。

  1. STRSVRで下記を設定します。
  1. [Start]ボタンを押下してください。

  1. Webブラウザで ​http://rtk2go.com:2101​/ にアクセスして基準局として配信されていることを確認してください。

QA

  1. RTKLIBとは何ですか?

    RTKLIBは、高須知二氏(東京海洋大学)が開発したRTK測位演算ソフトウェア群です。

    詳細については、下記のURLを参照してください。

    ・​RTKLIB

          http://www.rtklib.com/

  2. GMiniを基準局としてうまく設定できないのですが?

    RTKLIB(STRSVR)及びRTK2GOの詳細については下記のURLを参照してください。

    ・RTKLIB ver. 2.4.2 Manual

          http://www.rtklib.com/prog/manual_2.4.2.pdf

    ・RTK2GO

          ​http://www.rtk2go.com/

  3. GMiniを出荷時の設定に戻したいのですが?

    u-centerでGMiniに ​gmini-ublox-cfg-m8t-nmea.txt を​書き込んでください。

 

以上、GMiniをRTK基準局として使う手順でした。

u-centerでGNSSモジュールの詳細な設定が可能ですので、ご興味のある方はいろいろイジってみたらいかがでしょうか。

もっとFixしやすくなるかも!?

 

次は「RTK移動局(Rover)として使う」記事をアップします。ご期待ください!

 

< AgriBus-GMiniを使ってRTK測位する手順へ戻る >