「AgriBus-Caster」リリースしました

AgriBus-Caster

2019/11/06

segawear

先月よりベータテストを行っていた「AgriBus-Caster」ですが、本日より一般公開とさせていただきます。ベータテストにご協力いただいた、友の会のみなさま、ありがとうございました。

AgriBus-Casterとは

「AgriBus-Caster」は、RTK-GNSSの補正情報「転送」サービスで、「AgriBus-GMini」などをRTK-GNSSの基準局としてお使い頂く際に、「AgriBus-G+」などの移動局に補正情報を転送するためのNTRIP Casterサービスです。

 

他社製NTRIP Casterサービス利用における課題

これまで、AgriBus-GMiniを基準局利用する際のNTRIP Casterサービスには「RTK2GO」などの外部サービスをお使いいただくしか方法がありませんでしたが、これらのサービスは設定が難しく、「いつの間にか登録制に変わっている」「使っていないと切断される」「BANされたあとはしばらく使えない」など安定的に接続・利用することが難しいという大きな課題がありました。

 

AgriBus-Casterの特徴

この度ようやく、自社製Casterサービスを開始させていただくことになりましたが、その特徴は以下になります。

  • 基準局データを流しっぱなしにしてもOK
  • 「AgriBus-GMini」以外の基準局も利用可能
  • 「AgriBus-NAVI」アプリや「RTKGPS+ for AgriBus-GMini」アプリ内での設定が簡単に(次回以降のアップデートで対応予定)

 

ご利用にあたって

AgriBus-Casterをご利用いただくには、「AgriBus-Web」への登録と、「AgriBus-NAVI」アプリのスタンダードプラン購読が必要です。

実は、まだユーザ登録まわりのシステム化が完了していないため、当初はスタッフ手作業による登録作業となります。ご希望の際は、ページ中央にあります申請フォームより必要事項を入力し、申請をお願いいたします。

AgriBus-Caster

更なるRTKセットアップの進化も予定

RTK基準局を自分で設営するRTKセットアップの実現につきまして、「AgriBus-GMini」および「AgriBus-Caster」の提供開始によって簡約化することができましたが、基準局設置箇所においてはまだRTKLIB(STRSVR)という他社製サービスの利用が残っております。

そして、こちらの対応については別の形でお披露目できる予定となっております。まだ詳細は申し上げられませんが、今月中には発表できる見込みです。ご期待いただければと思います。